FREERIDE HAKUBA(FWQ HAKUBA3)に出場┃3つの斜面を一気に滑る異例のコンペに

3月16日に今季最終戦のFWQが白馬でありました!FWQ HAKUBAは国内で唯一ゲレンデ外のアルパインエリアで開催されるスター4のレギュレーションの大会。エントリーすれば誰でも出れるというわけではなく、他のシリーズ戦のポイントに応じて出場権が与えられます。去年フリーライドに出場していなかった自分は、本来出るのは難しい立場だったのですが、今季3戦中2位を2回取っていたこともあり出場権が回ってきました。そんな選ばれし者の戦いに参加できること自体が光栄ですが、出るからには爪痕を残してやろうと気合を入れて望みました。

天候悪化による大会レギュレーションの変更

今大会は白馬アルパインエリア(バックカントリー)で行われる予定でしたが天候悪化と気温上昇で雪崩のリスクが上昇(というか雪崩起きて)。いろいろ考慮した結果、八方尾根スキー場内での開催になり、大会のランクも4スターから3スターに変更になりました。

大雨で雪が消えてしまった

3エリアを一気に滑り終えるコース

「BCエリアと同等の滑りごたえと見応えをゲレンデ内で再現するには?」をFWTスタッフで協議した結果(多分)、「うらくろ→おむすび→国際」という順番で非圧雪斜面を3つ一気に滑り降りる前代未聞の大会になりました。

FWQの資料より

当日の天候とコンディション

天候は気温が高めの晴れ。雪面のコンディションはボコボコの非圧雪斜面が夜冷えて固まって、だんだん緩んでいくという感じでした。「普通にカービングできるだろ」ってなめてましたが滑ってみるとハード過ぎてターンの美しさを意識するというより、コケずに降りることに集中することになりました。

国際コースはほぼコブ斜面に近かった

大会の様子

8:00 リフト乗車

わたくしは18番 Photo by YumaHamayoshi
国際ゲレンデに選手は集まった

8:30 リフトを乗り継いで斜面へ向かう

Photo by YumaHamayoshi

9:00 競技スタート

スキーからスタートPhoto by YumaHamayoshi
スタート前の記念撮影 Photo by YumaHamayoshi
スノーボードのスタートは11時頃 Photo by YumaHamayoshi
この直後バナーが風で吹っ飛んだ Photo by YumaHamayoshi

12:00 競技終了

それまでの調子が嘘のようにコケまくって清々しいくらい失敗しました笑

3ゴケしたので早く帰りたかった図

大会を振り返ってみて

コケないことで大会の成績を安定させてきてここまできましたが、それまでコケてなかった分を取り返すくらいコケました(3斜面で1回ずつ)。今大会に関しては自分の実力を考えると、攻めたラインでなんとか全部立ったとして上位に食い込めるか微妙なくらい層が厚く、守りに入って悔いを残すなら潔く散った方がマシだと思っていました。結果、回せるところは全部回しにいって、無理そうだと思いつつバックフリップもトライしたので悔いはありません。悔しさはめちゃめちゃ残りましたけども・・。

乗れてる人はどんなコンディションでも乗れている

順位表を見てみると前評判通りのラインナップ。「トップライダー陣はやはり板に乗れている」ということにつきます。おむすびのライディングをスタートエリアでリアルタイムに見てた時は、「思ったよりみんな攻めてないから可能性あるな」と思ってましたが、いざ自分がおむすびを滑ってみると「斜面ハードすぎわろたあああ」って感じで見事に散りました。

感想が抽象的だったので「乗れてる」の解像度をもう少しあげてみると以下の要素かと思います。

  • 斜面コンディションに応じたトリックチョイス(飛ぶ距離含め)
  • あえて前半のスキーとスノーボードが滑っていない斜面をチョイス(極力荒れてなさそうなところを選ぶ)
  • 減速させながらのターンの魅せ方の上手さ(あくまでカービングを維持)
  • あくまで攻めすぎずキャパ内で抑える(冷静さ)
  • フィジカル!フィジカル!

とくに自分は序盤の失敗で冷静さを欠いて、ヤケクソギャンブルライディングになってしまったのをかなり反省しています。まあでも表彰台以外で順位表の位置を気にしても仕方ないし。

これで日本で開催されたFWQに全部参戦したわけですが、来季に向けて何をする?と問われればフィジカルをもう一回作り直します。と回答します。非圧雪斜面を考えながら滑って、エアも決めるってフィジカルの余裕無いと出来ないと思います。体力には自信ありますが、まだ足りない。ランニング的な脚力と併せてスクワット的な筋トレもちゃんとやっていこうと思いました。

フリーライド出たいなら筋力つけよう!

以上です。

(4戦出てみたまとめ記事は後日もっとちゃんと書こうw)

大会広報の鰐淵さんのまとめがリアルで素晴らしい

おれのヤケクソまとめレポート(悔しかったねん)と比べ物にならんくらい大会のリアルな動きがまとまってるので下のリンクから読んでみてください。

自分の記事書き終わる前に見てたら心折れてたわw

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です