スノーボードのゴーグルは調光レンズがおすすめ┃どんなコンディションでも見やすい理由

昨シーズンから調光レンズのゴーグルを使っている筆者(241)です。結論から言うと1シーズン使ってみて、調光レンズが最強だと感じました。というわけで調光レンズがなぜよかったのかを語りたいとお話したいと思います。

REVOLT SUPER LIGHT FLAME

昨年はREVOLTの調光レンズのゴーグルを買いました。昨シーズン買ったものの中で1番満足したものは?ともし聞かれたらこのゴーグルを選びます。

REVOLTはライダー陣もかっこいい
調光レンズの種類はClearです:http://www.revolt-optical.com/superlightframe/

知っておきたい『調光レンズ』と『偏光レンズ』の違い

結構混同しがちなのでまずはこの言葉の意味からはじめます。

調光レンズ

調光レンズは紫外線の量に合わせてレンズの色が変わるレンズです。晴れているところ(紫外線が多いところ)ではレンズが暗くなって(濃くなる)、曇っているところ(紫外線の量が少ない)ところではクリアの色に近づきます。

長所

レンズを変えなくても1枚で環境に合わせてゴーグルのレンズが勝手に明るさを調節してくれます。

偏光レンズ

光の反射を調整して眩しさを軽減するレンズです。調光レンズは光の反射をカットして視界を良好にします。釣りとかで水深が深いところまで見えるのは光の反射をカットしているからです。

長所

光の反射が強いところで力を発揮します(凹凸がみやすいなど)。

で、今回はこの調光レンズのゴーグルが調子よかったという話です。

調光レンズのゴーグルのよかったところ

去年使ってみてのわたしの感想です。

スペアレンズが要らない

晴れの日も曇りの日もレンズを変えなくてもいいのでとにかくノンストレス。スペアレンズをポケットにいれておくと、転けたりして割れないか結構不安なので1枚のレンズで全コンディションいけるのはマジで快適でした。

ナイターから晴れの日までレンズ1枚で対応

調光レンズで括ってますが、モデルごとに微妙に晴れの日に特化したやつとか、曇りに特化したやつとか微妙に差があります。わたしはそのどっちでもない、紫外線の量が少ないと限りなくクリアになって、紫外線量がめちゃくちゃ多い時はちょっと眩しくなるかもくらいのモデルを買いました。結果として紫外線がない=ナイターではほぼクリアレンズ状態で滑れるし、晴れの日も充分眩しくないレベルで太陽光をカットしてくれました。

DICEのレンズリスト:https://www.yamamoto-kogaku.co.jp/dice/tech/

正直1年使ってみてデメリットが思い浮かばないんですよ笑。

それくらいシーズンインからシーズンアウトまで1つのゴーグルで過ごせてしまったんです。ゴリ押しすぎて逆に不振に思われるかもしれないんですけど、それくらいよかったですね。

強いて言うなら春に夏みたいなめちゃくちゃ晴れてる日とかは少し眩しいかもしれません。でもそんな時って1シーズンに1回あるかないかだと思うのでこだわりがないなら調光レンズを勧めちゃいます。

調光レンズをおすすめしたい人

  • スペアレンズを持ち歩きたくない
  • 1つのゴーグルでどんな天候でも滑りたい
  • 予算のある初心者の方(曇りの日に見づらいとかなりにくい)
  • 国産ゴーグルのフレームが顔にめちゃフィットするので結果的にレンズも調子いい(REVOLTの話)

調光レンズは他のゴーグルに比べて高いので悩ましいかもしれませんが、買って後悔はしないと思います。最後におすすめの調光レンズの国産ブランド張っておきます。

22-23モデル【REVOLT】リボルト【SUPER LIGHT FRAME】Mat Black Wood【スーパーライトフレーム】GOGGLE【ゴーグル】調光レンズ【クラリテックス】SNOWBOARD【スノーボード】正規品【送料無料】(24000)
2022-23 DICE BANK LIMITED BLACK/GRAY BLACK PHOTOCHROMIC/ULTRA LIGHT GRAY/LIGHT SILVER MIRROR GOGGLES ゴーグル スキー スノーボード ダイス バンク ウルトラ調光 BK24570_BLA/GLBK 2023 日本正規品
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です