セーリングの世界大会のため日本からパリとセビリヤを経由し、スペインのカディスへ┃1~2日目

スペインのカディスに来ています。今回は横乗りではなく、セーリングの世代別の世界選手権に出場するためです。出場の権利はおれじゃなくて父親が持っていて、おれはヨットの実力は鼻くそみたいなもんで、オマケみたいなもんですが、初のヨットで海外遠征ということで楽しめそうです。移動なので、ザクッと日本からスペインのセビリヤを経由してカディスまで行ったかを簡単に書いてます。

https://www.snipe.org/events/future-championships/2023-snipe-master-world-championship/

10月13日:1日目

羽田空港からパリへ

行程としては、日本→パリ→セビリヤ→カディスという流れです。

ロシアとウクライナの情勢の影響で航路が北極圏周りになっています。パリまで14時間かかります。

JALの機内食

航路が通常と違うので、グリーンランドの雪景色が飛行機から見えました。

グリーンランド

10月14日:2日目

パリからセビリヤ(セビージャ)空港へ

乗り継ぎのため、パリで1泊です。車で20分くらいのホテルカンパニロールロワシー(Hôtel Restaurant Campanile Roissy)に宿泊。一部屋1万円以内です。

朝ごはん付きで、値段の割に朝食は充実してました。

パリは物価の高さを感じます。

日本円で800円くらい!?
小さめの機体

セビリヤ空港に着きました。なんとなくパリとはまた違った雰囲気です。

空港内からサッカーみを感じます。レアル・ベティスのシートがありました。

レアル・ベティスシートは座り心地よい

空港を出てレンタカーを探します。空港備え付けよりも安い、外部に営業所を持つRecord goで車を借りました。空港を出て、シャトルバスが来るP2に向かいます。

ここにないレンタカーもある

この看板の前で待っていると20分おきくらいにシャトルバスが来ます。到着した時間が結構遅くてもう来ないんじゃないかと焦り、近くにいた人に頼んで電話してもらって迎えに来てもらいました。現地SIMがないと電話かけられないのでお願いするしかない笑

スタッフ少なめで時間がかかります

なんか景色というか雰囲気はよきです。

目的地のカディスまでは車で1時間15分くらいです。気づいたら高速道路に乗っている日本では考えられない仕様です(無料)。

到着したら一旦ご飯です。近所のアメリカンレストランがやっていたのでそこで食べました。

カディスと言いましたが、正確にはカディスの近くの街です。どちらかというとPuerto sherryのヨットハーバーに近いところを選んでいます。

宿泊はHotel Soho Boutique Vistahermosaというところ。ホテルとコンドミニアムがあって、我々はコンドミニアムに止まります。

受付の外観はこんな感じ。英語のできるスタッフが対応してくれます。

コンドミニアムの部屋の中身はこんな今時です。

一応プール着いてるけど、寒すぎて無理よ笑

宿泊者が使えるプールを併設

3日目に続きます。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です