ウルワツビーチでのサーフィンとバリ島トリップの終わり丨行ける時に仲間とトリップに行く大切さ-Day04/05

バリ滞在4日目と最終日のウルワツでのサーフィンについて書きました。最後に感想もまとめました。

念願のウルワツでのサーフィンと旅の終わり

滞在4日目、昨日に引き続き南側のポイントへ

この日も南側で、昨日の真横くらいに位置するポイントへ向かいました。到着した時の景色に圧倒されました。どうやら手前の舞台はショーとかやっていることもあるようです。

正直ポイントが見にくいが波はあるらしい

真剣に協議中です。

まぁここでやるしかねえか

天気がよかったのでプロフィールで使えそうな写真の撮影会を行いました。

ひゅうが

3~4時間くらい長めに楽しみました。昨日よりもいいうねりが入ってきたように思います。テイクオフが難しくてあんまり納得できるサーフィンはできなかったです。

バリはポイントに必ず水がほぼある

水浴びが気持ちいい気温ですね〜。

ボディメイキングに勤しんでいた時期もあり、ポージングに定評がある

バイクでポイントに来る人も多いです。

日本でいう湘南スタイルに近い

ビーチに絶対と言っていいほどある海の家で一服しました。

冷えたコーラは売り切れ
みんなの肌の色が現地に近づいてきた

さて、ここで1日早くカマチさんは帰ります。

パッキング

お気をつけて〜!

満足そうであった

ホテルにプールが付いているので午後はまったりすることにしました。

ぬるめで楽しいね〜
CDジャケットみたいな写真撮れた

お、やはりIT系の企業で働く方は忙しそうですね。

写真中央奥:執行役員としての責務をプールサイドで果たす

夜はチャキールおすすめの餃子居酒屋に行きました。

地元の人も太鼓判

日本人の方がオーナーでやってらっしゃるということでめちゃめちゃ美味しかったです。そして安い!かなりおすすめです。

このクオリティの餃子がバリで食べれるとは

最終日:念願のウルワツでのサーフィン

最終日は、最後にウルワツで波乗りをすることになりました。普段はダブルくらいの波が来るポイントですが、わたしが近づくと波が消えるジンクスと相殺されて、ちょうど遊べるムネカタファンウェーブになっていました。やったぜ。

ここから入水するなんて幸せだ

入り口の洞窟てきなところで記念撮影。

ウルワツ名物てきな場所

ウルワツは、観光客向けに写真を撮ってくれるサービスがあります。普段のわたしは吉本新喜劇みたいなサーフィンしかできないのですが、たまたま1本いいライディングが出来た時に、カメラマンが撮影してくれていて、写真を残すことが出来ました!奇跡!笑

ちなみに5枚で1,500円くらいでデータをもらいました(ちょっと値切った)

このトリップを盛り上げてくれたガイドのチャキールと一枚
ウルワツを前にしたとしても執行役員としての責務を果たし続ける
「やっぱハンバーガーだよなああ」

ちなみにわたしは、絶賛体調不良。前日の夜にビール飲みすぎた上に布団被らずに寝た結果死んでいます。ナシゴレンを完食するので精一杯でした。

わたしの目が開いてない
ウルワツは崖沿いに通路と商店がある

大満足のウルワツでした。

崖沿いをそこそこ登る

ウルワツでのサーフィンを終え、お土産の調達です。空港前に連れて行ってもらった雑貨屋がええ感じでした。正直もっと長い時間見たかった。とくに化粧品系はおすすめです。

寂しいですが、空港でみんなとお別れです。

名残惜しい

ベドジェットはウェブフォームがお粗末で全員ちゃんと支払い決済ができていませんでした。航空会社の入力フォームはさすがにちゃんとしてほしいですね。サーフボードは追加8,000円くらいで積めました。

結構待たされた

帰ります。

くぅ〜寂しい

ハノイでトランジットです。

フォーを食べました、うまい

さあて、成田空港。

我々のサーフボードはちゃんと届くのでしょうか。

あった〜!!

というわけで無事、サーフボードも受け取ることができ、大きな怪我もなく初めての海外サーフトリップを終えました。一生の思い出に残るような旅でした。急遽バリに行くという話になり、当初行くのをためらいましたが、いつも一緒に遊んでる仲間だとしても未来永劫同じ時間が流れるわけじゃないので、行ける時に大事な仲間と行きたいところへ、多少の無理をしてでも行くことをおすすめしたいです。そういうことを思い出させてくれた貴重な時間でした。

“人生は一度きり”

来年はどんなトリップができるか今から楽しみです。

参考:バリ島の餃子居酒屋

参考:バリ島のおすすめのお土産屋さん(雑貨/コスメ)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です